SDGsえべつ代表の挨拶

  江別SDGs 代表 
   三ツ井瑞恵

「SDGs目標達成のために協力する江別」とは、私たちが住む江別の持続可能な未来を考え、より良い未来の実現を目指す市民のグループです。

 今、私たちの社会が直面している様々な課題を解決することを目指している「持続可能な開発のためのグローバル目標(SDGs)」。この世界の大きな目標は、実はとてもローカルです。自分たちの身近にあって、一人ひとりが意識して行動することで、課題解決につながることがたくさんあります。


 まずは、世界で起きている問題に関心を持つことが大切です。「ひとごと」ではなく、「自分ごと」、「みんなごと」として考えられるように、このサイトでは、江別市内の問題や課題を数値化し、オープンデータとして見える化しています。データはどなたでも活用できます。

 そして、誰ひとり取り残さない(No one will be left behind)という理念のSDGsの目標達成には、私たち一人ひとりが参加者となり、地域のつながりと活力を維持していこうとする取組みの展開が必要です。「SDGs目標達成のために協力する江別」が、市民、学術機関、自治体、コミュニティリーダーなどが効果的に連携できるプラットフォームとなり得るでしょう。

 SDGsの17番目のゴールであるパートナーシップの実現を江別で達成し、人、自然、環境、経済が調和した「持続可能な江別」を実現することは、世界の調和のための第一歩です。同じ地域で暮らすみんなと一緒に、未来の世界をより良くするために、私たち「目標達成のために協力する江別」は活動します。